新着情報

【新商品発売!】子会社の株式会社吉利よりコンテンポラリーな和小物の新作発売

創業159年の堀田丸正株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三好秀樹)は、和装、洋装、意匠撚糸、宝飾といった多岐にわたる卸売業を営んでおります。その子会社である株式会社吉利より、2020年11月16日(月)にコンテンポラリー和小物ブランド「belle saule(ベルソール)」の新商品を発売致します。

第一弾の展開として、帯締めの発売から開始いたします。
【帯締めつまみ桜飾り】

asdfghjkkl
ちりめんのつまみ細工*1が可愛らしい上品な一品となっています。飾り部分は、桜の花をモチーフにし、花びらの丸みが優しく、ころんとしたシルエットも特徴です。色使いをシンプルにすることで、振袖や帯を引き立たせ、古典調の雰囲気を楽しみつつ、華やかな装いを演出することが出来ます。

 

絹100%(金属糸使用)/長さ約165cm
飾り部分:縦約6cm横約10cm
価格:37,000円(税込み)~

*1:江戸時代から伝わる日本伝統文化の一つ。正方形にカットした生地を、折り紙と同じ要領でピンセットを
使いつまみ、折りたたんで行く事で形にしていきます。素材としては、絹織物が使われることが多く、
日本人ならではの美意識や技術によって生み出されたものです。
 

【帯締めつまみ花苧環付】

図2
梅の花をモチーフにした飾りを中心に、職人の技が光る大振りの苧環(おだまき)*2をあしらった豪華なデザインが特徴的です。統一感のある色使いで、振袖や帯を引き立たせ、細い組み紐部分は4色使いとなっており、変わり結びにすれば、より艶やかで個性のある装いになります。

 

絹100%(金属糸使用)/長さ約165cm
飾り部分:縦約4cm横約12cm
価格:32,000円(税込み)~

*2:糸を巻いて玉状または環状にしたもので、布を織るのに使う中間材料です。次の糸を使う工程で、
糸が解きやすい様に中が中空になっています。
 

商品のお問い合わせは、株式会社吉利 尾島までお願いいたします。
TEL:03-6758-2064 問合せMail:ojima@yoshiri.com

図3
東京柳橋で事業を始めた株式会社吉利は、これまでも「柳(リュウ)」を商品名に用い、お客様に喜ばれる商品展開をしてきました。「belle saule (ベルソール) 」とはフランス語の「美しい」+「柳」を組み合わせた造語の名前です。コンテンポラリーな和小物をコンセプトに、ブランド創業時からモードな和小物ブランドとして、和装の通常のイメージとは一線を画した商品企画を行ってまいりました。

株式会社吉利
株式会社吉利は、和装の持つ歴史的文化性と、和の素材や工芸の伝統を守りつつ、デザイン性の高い和小物を展開しております。新たな取り組みとして、ブランド担当に若手を起用し、「高品質」「産地保護」をキーワードに伝統を引き継ぎながら現代に合わせた振袖小物のトータルコーディネートの提案を致します。
図4

■会社概要
称号 :堀田丸正株式会社(Marusho hotta Co.,Ltd)
代表者 :代表取締役社長 三好 秀樹
本社 :〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-11 
設立 :1933年2月(創業1861年)
資本金 :2,937百万円(2020年3月末現在)
公式サイト :http://www.pearly-marusho.co.jp/

■事業内容

創業1861年、業祖が商いを始めて159年を迎えます。
日本橋大伝馬町にて呉服問屋を開業し、今では和装・洋装・意匠撚糸・婦人服・宝飾品といった多岐に渡る卸売業を営んでおります。今までの伝統を大事にしつつも、時代の急激な変化に適応した、様々なチャレンジを遂行し、お客様に寄り添い、和・洋のファッションを通じて、社会に貢献できる企業を目指します。
 

本件に関する問合せは下記までお願い致します。
堀田丸正株式会社 経営企画本部 PR担当 望月
TEL:03-3548-8121     E-mail:press@hotta-marusho.co.jp

関連記事